【婚活実話】交際相手が不動産投資で自己破産していた?!

会員様からの衝撃の報告

女性会員さんが交際デートのお食事場所で、お相手男性から告げられたひとこと。

「実は昨年、不動産投資で自己破産してしまいまして、、、」

「えっ、、、」

私が女性会員様からLINEで相談されたのが、その日の深夜でした。
「〇〇さん、実は昨年、自己破産したらしいんです。。。」

衝撃でした。

確かにプロフィールにも書けませんし、入会拒否理由には該当しないのかとは思います(定職に就かれており、収入はあるため)。
でも、告げられた当事者側にとっては、大きな被害を受けますよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。
国立市の結婚相談所きずなコンシェルジュ 寺西です。

今日のテーマは婚活と不動産投資です。
不動産に関わらず金融投資やその他投資全般のお話と捉えていただけますと幸いです。

カウンセラーの私自身も不動産は保有しており、事業規模で全国に約50部屋(10棟)。
結婚後は、関東近郊の戸建ての空き家再生事業を小さいながらコツコツと行なっております。
まだまだ、独立して食べていける規模ではございませんが、将来子供に継がせることができるように将来の資産形成として、ゆっくりと歩みを進めております。

ということで、今日のテーマを経験者としても語らせていただきます。

男性会員様に多い「不動産投資」

会員さんにも多い不動産投資経験。
将来不安から、積極的に資産形成を考えての行動として、様々な投資を考え始めたことがキッカケになるようです。
大手企業の方や公務員、多忙な医師の方に多く見受けられ、多くは男性です。

不動産というものが身近でもありますし、現物資産としての魅力が、惹かれる要素でもあります。

但し、当然「投資」と名の付くものですので、リスクはあります。
そして、金融投資的傾向が強いもの、事業性が強いもの、など不動産投資の中でも様々な「色合い」があります。

【実話】交際した男性が「不動産投資による自己破産者」だった?!

これは実話です。

交際した男性が打ち明けたお話が「実は自己破産してしまって。不動産投資で」というもの。
女性会員様も不動産知識には乏しかったため、詳細は不明ですが、こういったケースは実際にあります。

多いケース

  • 新築ワンルーム投資×数戸購入
  • かぼちゃの馬車に代表される「シェアオフィス」投資(新築一棟RCマンション、新築一棟木造アパート)
  • 地方×中古一棟RCマンション(スルガ銀行や静岡銀行での融資)
  • 上場企業「〇〇ケン」などの都内新築一棟アパート・新築ワンルームマンション

自己破産まで行くケースは稀ですが、実質、運用がマイナスで給与から手出しをして補っているものや、不動産価値(土地値)が一生追い付かず、実質債務超過となっているケースもあります。
返済が終わると、プラスに転じるものの、保有期間中は債務超過であるケースも多く、結婚後にご自宅購入の際のローン審査に影響する例もあります。

資産形成・運用で抑えるべきポイント

高度な知識を必要とする金融投資・実物投資ですから、なかなか他者がその成否を判断をするのは難しいのですが、いくつかのポイントはあります。

  • 給与からの手出しをされていないか?(月々〇円の手出しで、マンションが手に入る)
  • 持っている物件種別が、都内の新築ワンルームマンションか?
  • 2017年以降に購入された投資用物件か?
  • 確定申告で不動産収益のマイナスを加えて、節税対策を行なっているか?(事業としては成り立っていない)
  • 実際に売却などの実行で、投資の出口をとり、プラス収益を手元に残されたのか?(今売却しても残債が残ってしまうマイナス状態=塩漬けになって保有中か?)

高い収入を得ている方ほど、不動産営業にアプローチにより高値物件を掴まされているケースが多く、また、スルガショックが表面化した時代以降の物件は利回りも低く高騰した時期のため、注意が必要です(プロでもこの年代以降の物件購入は困難な状況のため)。

まとめ

男女に限らず、積極的な成長を目指す方が挑戦するのが資産形成です。

結婚前の保有資産は、法律的には無関係といえども、住宅購入の可能性や生活に多大なる影響をもたらしますよね。

積極的に資産形成を学び、家族の幸せのために将来の準備をされるということは、とても素敵なことです。

但し、全世界の経済成長率平均が3-4%という世の中で、高い利回りを出しているものにはリスクがつきまといます。
そのリスクをコントロールして、運用できものが長期に付き合える投資であり、「形成できる」投資です。
これまでの全世界的な金融緩和の時代を経て、世の中には「リスクを過大に抱えている」人が多くいます。

そして今、金融緩和の引き締めの動きが加速しており、世界的インフレ、金利上昇など「局面が変わる時代」に突入しました。

会員様の中にも(特に男性)投資の失敗や実質債務超過に陥っている方が少なからずいらっしゃり、私の女性会員様が今回、交際成立後に数度のデートを経て打ち明けられたのが「実は昨年、不動産投資で自己破産してしまいまて、、、」といったものでした。

ここまでのケースは稀だとは思いますが、資産形成の裏にはこういった債務を伴うケースも多く、特に不動産には特定の知識が必要になります。

逆にご年収400万円同士のご結婚で、世帯収入合算を活用しての資産形成に成功されている新婚夫婦もいらっしゃいます。

まずは、しっかりとした本気の学習をすること。
これが最も大切です。

資産形成に関するご相談お受けいたします

今回のようなケースがありましたため、期間限定で資産形成でお悩みの方のご相談を募集させていただきます(もちろん、無料です)。

是非ともご相談下さい。

特に婚活にあたり、経済的に上手くいっていない方。
安定したお勤めと給与を得ているけど、投資の失敗や出費が必要な不動産を抱えてしまわれている方。

私はFPでも不動産業者でもないため、取引まで関与することはできませんが、改善の方向性を一緒に考えたいと思います。

別の結婚相談所で活動されている方であっても構いません。

結婚相談所の入会は別として、その前にお金の問題を抱えている場合であっても構いません。

皆様のご相談を募集しております。
(必ず、無料相談問い合わせフォームの「詳細欄」にその旨、お書きいただけますと幸いです)

あなたの幸せを今日も願っております!!

フォロー

公式LINEで「婚活応援コラム」配信中♪

分かっているようでなかなか実感できない「自分」。他者との対話なくして、自分自身を客観視することはとても難しいのが実情です。
弊社でも「本当は全ての方としっかりと対話したい!」「一緒に成婚への課題を明確にして、解決に取り組みたい!」のです。
でも実際は、ご入会前のお客様に時間を費やすことができません。。。

それは、ご入会された所属会員様の成婚を最優先にしている弊社の方針によるものです。

そこで、です。
便利なチャットボットをご用意致しました。LINEでチャット質問に答えていただくだけで、あなたの婚活の傾向が分かります。
これ、正直にいうと、裏側では弊社のデータになるんです。あなたの基本的な婚活情報をいただくことになります。
但し氏名や住所等の個人情報をいただくことはありませんので、個人を特定することはございません。
多くの方が何に悩み、どこに躓いているのか、婚活診断を通じて弊社としても「世の中の結婚を願う方々の問題解決に役立てたい!」とバカ正直に考えています。
もちろん営業促進ツールとしてのLINE活用の側面はありますが、弊社は少数会員制、及び業界最高のやさしい料金プランを提供しているため、ホームページ以外の営業は全く行っておりません。
本気の方限定の面談を行なっておりますので、是非とも真剣に結婚を願う方は直接、無料相談をお申込いただけますと幸いです。

まだ、本気になれないけど結婚は気になっている。。。
結婚相談所って何なの?よく分からないけど、気になってはいる。。。

そんな情報収集段階の方は、是非とも下記の婚活診断からトライいただけますと幸いです♪
(無料相談は「本気で結婚を願う方だけ」お申込いただけますと幸いです)