交際は「点」から「線」へ、物語をつくるイメージで

いつまでもお見合いの延長はだめ

結婚相談所の婚活でよくあるケースなのですが、お見合い成立後の交際段階で「なかなか距離が縮まらない、、、」というもの。

これは、以下のような要因があるかと思います。

  • お見合いの延長で、交際がお互いを知るだけの確認作業になってしまっている
  • 発展のある会話ができていない
  • 感情(愛情)がついてこない

要するに、お見合いの延長をダラダラと続けてしまうことが、最も多い要因のようです。

せっかく交際に入られても、いつまでもお見合いの延長のような「点」の面談を繰り返すだけでは、誰でも会話のネタが尽きますよね。

交際は「線」を意識した二人の物語づくりへ

では、どうすればいいのか?

それは、「点」から「線」を意識することです。

お見合いは、消去法の場です。交際に至る通過点において、致命的な点はないか。第一印象で感じる「スクリーニング(選別)」といえます。
これは、いいかえれば「点」の関係ですよね。

では、「線」とは何か?

それは、二人で恋愛感情と信頼関係を積み上げるステップ。
二人の関係を中心に置いた、結婚生活を考えた上での「擦り合わせ」といえます。

どんな人なのか?

お互いに将来どういった結婚生活を望んでいるのか?

未来を一緒にイメージするのが「線」の関係です。

また、交際といっても、おそらく「恋愛感情」がついてこないケースも多いため、交際段階ではお会いする度に、二人の距離を縮め、関係を発展されていくという「ストーリー(物語)」を意識した時間の過ごし方が必要です。

要するに、「愛情」と「信頼」を深めるための、イベントを能動的に設定していく必要があるということです。

毎回、「今日は何話そうかな、、、」ではなく、前回こんな話があったから「今日はこの点について聞いてみよう」「今度は話に出た〇〇へ一緒に行ってみよう」など、少し強制的に物語を進めていくことが必要です。

単なる質疑応答の会話ではなく、物語るということが大切です。そのためのネタがないなら、一緒に体験できるデートをしてみてはいかがでしょうか。

これって、何だかわかりますか?

そう、実際の結婚生活と一緒です。

条件がいいだけの異性同士では、結婚生活は上手くいきません。生活にちょっとした夫婦関係が発展する物語が必要不可欠です。

あなたは交際期間に、素敵なパートナー候補とどんな物語を作りますか?

物語の中で相性の悪さや、どうしても難しい局面が出てくるかもしれません。でも、いいじゃないですか。一人ひとりと結婚をイメージしながら過ごす時間は、必ずあなたの人生に良い影響をもたらします。婚活は、ある意味、活動内で人間が磨かれる場でもあります。

仮説でもいいので、ゴールまでの物語のイメージを持って婚活をしていただけますと幸いです。

まとめ

  • 交際は「線=関係構築」を意識
  • お相手を見定めるのではなく、「二人の相性」を確認するための「物語」づくりをしましょう
  • 質疑応答の対話ではなく、ちゃんと「物語る」会話へ

フォロー

☆無料相談☆カレンダーから選ぶだけ!お気軽にどうぞ♪

下記のようなご相談はお気軽に♪

★マッチングアプリや他の相談所で活動中だけど上手くいっていない

★結婚相談所の活動内容を知りたい

★希望するお相手に出会えるのか?→実際の異性データを見てみたい

★特殊な事情があっても婚活ができるのか知りたい(持病、ご実家の問題、宗教、経済面など)

★とにかく、話を聞いて欲しい!

コメントを残す